カードローンの利用についての詳細事項・・・その1

これはどんな場合にでも言えることですが、お金を借りる行為であるカードローンを利用する場合でも、利用規約は必ずきちんとチェックすることが必要です。テレビのCM等でも大抵アピールポイントだけを大きく書いてあり、利用者が判断に迷うようなことは小さく書いてありますから、カードローンを利用する際にも十分注意してください。アピールポイントだけで判断するのは非常に危険です。今は銀行系・信販系・消費者金融系から様々なタイプのカードローンが出てきていますが、そんな中から自分に合ったカードローンを選ぶポイントとして大切なのが、実績で金利が下がるカードローンかどうかということです。

 

どこの会社でも契約すると、金利は融資限度額に合わせた設定をしますが、借りたらきちんと返すという当たり前のことを続けていれば、金利を下げてくれるかどうかは非常に重要です。しかし中には金利が固定されている会社もありますから、忘れずにチェックするようにしてください。金利が固定されている会社の審査は簡単であることが多いのですが、あまりメリットがないとのことです。

 

カードローンに定評のある所としては、プロミス・モビット・アコム・レイク・オリックス銀行・イオン銀行・楽天銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行等がありますが、利用方法自体はキャッシングとほぼ同じです。但しカードローンというからには、クレジットカードやキャッシングカード・ローンカードを利用して、店頭窓口やATM・キャッシュディスペンサーから、限度額を越えない限りは、いつでも自由にお金が引き出せるのが特徴なのです。またキャッシングが短期の小口の融資を想定し、原則として翌月に一括返済させるのが一般的であるのに対して、カードローンは分割返済が一般的となっています。

 

カードローンの利用についての詳細事項・・・その2へ

カードローンの利用について記事一覧

カードローンの分割ですと月々の返済額が少なめなので、その点は楽なのですが、返済が長期に渡ることが多くなるため利息の負担が重くなりがちです。ですから、借りる前に無理なく早めに完済出来るような返済計画を立てる必要があるのです。キャッシングもカードローンも活用したいと考えている人は、これらの特性を踏まえて上手に活用していかなければなりません。借入額によってキャッシングにするかカードローンにするかを、前も...